読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモのかわり

\外せない初心者マークを抱いて/@djreroad

ベイジャンの強み 〜新曲初解禁編〜

新曲OVER THE TOPの発売決定おめでとうございます!

10周年イヤーも忙しくなりそうな予感でホクホクしている今日この頃です。音源も1/7のタイムボカン24で、ラジオでは少し長めに1/12のUltraJUMPで初解禁となりました。

そこで思うわけです。

以前から読んでいただいている方にはわかっていただけてると思うのですが、私は有岡くん髙木くんのラジオ「JUMPdaベイベー!」フリークであります。2016年はベイジャンでの解禁が多かったような気がしたのだが、はて、実際はどうだったのか…。さらに毎回解禁前の有岡くんvsジェイストームが面白いのと、それに呆れる髙木くんが可愛いわけです。

そこで思い立ったわけです。

ベイジャンが勝ち取った初解禁をまとめてみようじゃあないか!

では久しぶりに参ります〜文字起こしを添えて。もし宜しければお付き合いいただければと思います。

 

まず2016年の実績から。2016年ベイジャンが初解禁を勝ち取ったのは3曲です。

  1. 真剣SUNSHINE
  2. Masquerade
  3. Give Me Love

(せんせーションズは除く。シングル、アルバムリード曲のみ)

FantasticTimeはUltraJUMPでの解禁でした。

こう見てみると明らかにベイジャンが力ありすぎているのがお分かりいただけるだろう。

 

次に強さの秘訣を、文字起こしを通して感じていこう!信じて愛して感じて夢見て!

 

1.真剣SUNSHINE

2016/4/16放送回

(お便り「早く新曲解禁してほしい」)

有岡「さぁなにぃ?早くまじさんしゃいん解禁してほしい」
高木「してほしいよそりゃぁ。聴きたいよねぇ?」
有岡「ということですけども大丈夫なの、大丈夫ぅ?これ」
高木「はは」
有岡「大丈夫?お大丈夫!なんか大丈夫みたいですよぉ」
高木「大丈夫だったんだろ?」
有岡「え(笑)」
高木「はは」
有岡「僕も今知りました」
高木「大丈夫なんだろぉ?」
有岡「まだ先かなぁと思ったんすけど今回特別にぃ、ちょっとね」
高木「特別ですかぁ?」
有岡「この番組が初ですか?この番組初ですってぇ」
高木「知ってんだろぉ?」
有岡「へっ(笑)あっ、じゃどこよりも先にぃ、長く、曲を聴いていただけると。あっ。ですって皆さん」
高木「ははは」
有岡「このじゃんぷだべいべー、じゃんぷだべいべーでね、」
高木「はい」
有岡「じゃーまじさんしゃいん解禁、しちゃいますかぁ」
高木「しちゃいましょお」
有岡「はいそれではじゃんぷだべいべー今夜のオープニングナンバーいきましょう。世界の終わりでっあーるぴーj」
高木「違ぇよ!ちげぇよ」
有岡「え、」
高木「どんなテンションだよ!今日テンション高くない?どうした?」
有岡「いつも高いですよ」
高木「どうしたんだ?」
有岡「じゃ、ごめんなさいねぇちょっとふざけすぎましたけども、改めましてこの番組で初解禁となります!それでは聴いていただきましょう。へいせいじゃんぷで!まじさんしゃいん!」

(♪~真剣SUNSHINE)

有岡「さぁ。というわけでですねぇ」
高木「はいはいはい」
有岡「今回へいせいじゃんぷぅ、の新曲はこのようなことに、なっておりまぁす」
高木「夏ですねもう。夏にぴったしの曲になってると思いますよ」
有岡「あのねぇへいせいじゃんぷのシングルではこういった夏を前面に押し出した曲ってのはぁ初めてに、」
高木「そう」
有岡「初めてですか」
高木「そうだねぇ」
有岡「ねぇ」
高木「前面はねぇ」
有岡「だって冒険ライダーみたいな曲はあったけど」
高木「うん」
有岡「思いっきり夏って歌ってるねぇ、曲は初めてでございますね」
高木「はい。代表曲になったらいいね」
有岡「そうだね。というわけでですね、ごがつじゅーいちにち(5/11)に発売となります。聴いていただいたのはへいせいじゃんぷでっまじさんしゃいんでした」

 

2.Masquerade

2016/6/18放送回

有岡「まぁねあのー今回のアルバムリード曲、マスカレード」
高木「うん」
有岡「こちらちょっと、今回なんとパワーウィークということで、」
高木「お!」
有岡「お披露目、しようかなと」
高木「お!初!」
有岡「思います、」
高木「初ですね」
有岡「初お披露目ですからね。どのラジオ番組よりも?先ですね」
高木「うぇーい」
有岡「いいの?これかけて。大丈夫?マスカレード、大丈夫?・・・OK頂きました」
高木「大丈夫なんだろ元々(笑)」
有岡「へへ、えぇ?」
高木「今大丈夫なんだろ?(笑)」
有岡「無理言って今OKしてもらいましたよ、パワーウィークということで」
高木「じゃあ今回は無理言ってくれたからね」
有岡「じゃあ高木いいすよ、曲紹介してもらって」
高木「お!じゃあ俺が初だ」
有岡「はい」
高木「えー、Hey!Say!JUMPでマスカレード」

 

3.Give Me Love

①2016/10/29放送回 〜鼻歌〜

(お便り「ふたりの力で早く新曲解禁してほしい」)
有岡「なるほど」
高木「ほぉー、そうだね。ドラマぁの中で流れてくるけどやっぱり、」
有岡「そうね」
高木「その間しゃべってたりね」
有岡「セリフとかね入ってますからぁ、なかなかね確かにねぇ聞き取れないとは思うんですけども。これはじゃちょっと頼まれるとねどうし・・・いいかね・・・(ごにょごにょ)なってしまうんですよ僕は」
高木「いや(笑)こないだぁファンタスティックタイムが出たばっかりですよ」
有岡「まぁ。いやいやいや」
高木「それもう次の曲解禁しますぅ?」
有岡「や、もうベイジャン、ちょっとベイジャンすごい力ありますんで」
高木「いや(笑)ぜっ、」
有岡「まぁ有岡にも力があるんですけどね!」
高木「あーじゃ試してみてください」
有岡「じゃちょっとジェイストームの方に確認してみますね」
高木「はい。今いますからね」
有岡「えっとぉーこれもう主題歌のタイトルはもう公表になってますもんね。ぎぶみーらぶ」
高木「そうだねぇ」
有岡「発売がぁいつでしたっけ?じゅーにがつじゅーよっか(12/14)・・・」
高木「じゅーにがつじゅーよっかね」
有岡「っていうこた、まぁーまだちょっと先ではありますか」
高木「えぇ」
有岡「あと一ヶ月以上?」
高木「一ヶ月半くらいですねぇ」
有岡「じゃちょっとぉここでぎぶみーらぶぅ、ねベイジャン特別・・・にですねぇ披露・・・どうですか?あら。だめですか」
高木「へへっそふふごめん(笑)いつもはね、良い流れがあるんだけどぉ」
有岡「うん」
高木「今日はぁ即だめっていう(笑)」
有岡「だめですかこれ」
高木「合図が来たよ」
有岡「ぎぶみーらぶまだだめ?」
高木「うんまだ早いって」
有岡「あじゃあこれ、じゃーちょっ、生歌は?生歌・・・生歌だめ?」
高木「ははっだめ(笑)だめだって」
有岡「生歌もだめ?」
高木「あーウケる(笑)」
有岡「じゃーなんしよ。鼻、鼻歌は?鼻歌。・・・お!鼻歌OK」
高木「鼻歌でどうやって伝えんだよ」
有岡「いやじゃ、ちょっと高木さんあのーサビのメロディーをねぇ」
高木「鼻歌難しいわ!」
有岡「鼻歌で。鼻歌でちょっとお願いしよっかなこれちょっとそれでなんとなく曲のね、なんとなくこう」
高木「うん」
有岡「断片的ではありますけども、なんとなく雰囲気だけでもね」
高木「そだねぇ。まドラマで聴いてんだろ?」
有岡「ま、やややそこはちょっと、こういうメロディーなんだってのを、改めて皆さんにね、高木の、イケメンボイスぅ、」
高木「しかも俺かよ」
有岡「イケメンボイス鼻歌でちょっと」
高木「難しいなぁ」
有岡「少しだけだけでもねぇ、お願いしますよ」
高木「じゃあいきますよ」
有岡「はい。お茶飲んでます高木さん」
高木「ハァ」
有岡「気合入ってますよ」
高木「(咳払い)・・・鼻関係ないからね」
有岡「うん。お願いしますね」
高木「いきますね」
(♪~高木くんの鼻歌披露)
高木「です」
有岡「はい!素晴らしい。これねぇ」
高木「あのね、鼻歌むずいからマジで」
有岡「これなんで高木に任せたってねぇ、ま僕ちょっと鼻つまってるってのもちょっとあるんすけど」
高木「うん」
有岡「あのねぇ、まだ僕たちもねぇ、あんまりねぇ頭に入りきってないんですよねぇこれ。メロディーがぁ」
高木「俺ねー今歌いながらドキドキしてたもん」
有岡「そう僕もねぇ、あのーまレコーディングは結構前に、」
高木「そう」
有岡「済ませてはあるんですけどもぉ、ま時間経ってますし」
高木「うん」
有岡「ちょっとねぇ自信がないというか」
高木「いやいや俺も歌いながらぁ、あれっ次、次なんだっけ、次・・・って」
有岡「はは、そうなんですよ。だからねぇこれからねまぁミュージックビデオの撮影だったりとか。ありますけども」
高木「鼻歌で新曲伝えるってアリ?」
有岡「皆さんに、」
高木「新しいよね?」
有岡「雰囲気だけでもねぇ」
高木「そだねぇ」
有岡「伝わったと思いますあの素敵なメロディーになってますしこれにね、歌詞が」
高木「はい」
有岡「加わるとさらにさらに」
高木「そうですね」
有岡「とてもいい、切なぁい曲になってますので」
高木「ドラマにもぴったしだったね」
有岡「ぴったし。見ましたかドラマは」
高木「じゃんぷみんなで見てたじゃないすか」
有岡「そうですね。楽屋でね。あの、控え室で」
高木「初めてだよね、誰かのドラマをじゃんぷ全員で見るのって」
有岡「そぉですねぇ。みんな、食い入るように見てましたねぇ」
高木「で山田のね」
有岡「解説で」
高木「解説付きで」
有岡「素晴らしいですよ」
高木「見させてもらって」
有岡「贅沢な見方をしましたねぇ」
高木「ねぇ。これからも楽しみですねぇ」
有岡「はぁい。ちょ展開がね色々ありますけども主題歌の方もねぜひあの楽しみにしていてくだっさい」


②2016/11/12放送回

ふつおた、10/29放送回の高木くん鼻歌への感想)
高木「前に、高木くんがカインとアベルの主題歌のGive Me Loveを鼻歌で紹介するのを聴き、音程がよくわかり、曲はかけられなくても鼻歌もアリだなと思いました」
有岡「おお」
高木「えーそれに、鼻歌を聴ける機会もないのでとても貴重だと思いました」
有岡「おぁー」
高木「えーこれからも新曲の発売が決定した際にはぜひ鼻歌で紹介していただきたいです。えー高木くんの鼻歌も素敵でしたが、鼻がつまっている有岡くんの鼻歌も一度聴いてみたいです」
有岡「へへへ、なぁるほどねぇ」
高木「やったね」
有岡「やりましたね、鼻歌でね。でもほんとわかりやすかったですよね。高木の、」
高木「あほんとですか」
有岡「なんかね鼻歌の音程すごく良かったよ」
高木「ハァ!ほんっとですか!」
有岡「うん、そうあの時の鼻歌すごい良かった」
高木「いや俺もねあのーラジオ聴いて」
有岡「うん」
高木「あ、ちゃんと歌えてたなって」
有岡「へへ」
高木「あよかったと思って」
有岡「そうだねぇ」
高木「おぉ」
有岡「いやーまぁじゃあ今日も鼻歌かなぁこれねぇじゃあ」
高木「いや違うだろ」
有岡「俺の番か、俺の鼻歌かな?」
高木「ああそうだな。そうだな。鼻歌だな」
有岡「俺の鼻歌じゃあ・・・」
高木「鼻歌・・・鼻つまってんじゃない?、」
有岡「まぁまぁちょっと、前にジェイストームさんにちょっと聞いてみましょうよ」
高木「うん。また聞いて、」
有岡「ダメ元でね。ちょ、ダメですよね今回もね?ぎぶみーらぶまだ・・・出さないすもんね・・・いんじゃん?おいい!?いいんじゃん?ってことはいいってことですか?おっ」
高木「まぁ決まってたけどね」
有岡「えぇ?へへへ」
高木「へへへ。もうOKだったけどね」
有岡「いいんすか!ほんとに?あの問題になったりしないすか?これちょっと、発売前に出して。なんかじゃぁジェイストームからのOK頂いたから・・・かけちゃいますか?」
高木「かけちゃいましょうか?」
有岡「ちょっこれ、初ですよね?なんと、他のラジオ番組でもかかってないと」
高木「すごいな」
有岡「ベイジャンが初ですって」
高木「多いね、ベイジャン初ね」
有岡「やぁいいですねぇ」
高木「嬉しいねぇ」
有岡「これじゃあちょっとお届けできるということでじゃあ聴いていただきますか?じゃあ高木さんじゃ曲振りしてくださいぜひ」
高木「Hey!Say!JUMPでGive Me Love」

(♪~Give Me Love)

有岡「どうでしたか高木さん、初めてでしょこの曲聴いたの」
高木「そぉですね初めて聴きましたねぇ」
有岡「どうよ、どう。聴いた感じ、印象・・・」
高木「やっぱりぃ、大人になったなぁって感じましたねぇ。へいせいじゃんぷも」
有岡「ああ、ありざます」
高木「までも前回もねぇ、すごくぅ、大人っぽいってか」
有岡「ハ、ま前回はダンサブルなね。感じだったので」
高木「なんかかっこいい感じだったけど、今回また、なんかしっとりとしたへいせいじゃんぷが見れて」
有岡「ハ!」
高木「良かったんじゃないかなと思いましたね」
有岡「ハ!ア!ありがとうございます。あなたもへいせいじゃんぷですよね?」
高木「ははは。そうなんですけど、」
有岡「いやいや」
高木「ほんとにちょっとなんか、今まっでにないってかさ」
有岡「そうですねメロウなR&Bサウンドですよ」
高木「へへへ。おい読んだな」
有岡「へへ。メロウな。R&Bサウンドになってますねぇ」
高木「ドラマぁ、ね。カインとアベルの主題歌だからぁ」
有岡「はい」
高木「みんなでね、ドラマ見てるからねぇ」
有岡「なんかねぇ、あのーたまたまね。あの毎週月曜日、へいせいじゃんぷみんなでいることが多くて仕事で」
高木「そうそうそう」
有岡「そのね!楽屋で見たりとか。みんなで」
高木「そうだね」
有岡「してますけども」
高木「山田の解説付きで」
有岡「ちょっとね今後の展開もねドラマの方も」
高木「はい」
有岡「カインとアベルのドラマの方もですね、気になりますけども。こちらね、曲もねぜひ聴いていただけたらいいなと思っております」
高木「12月14日発売のフジテレビ系列月9ドラマ『カインとアベル』の主題歌にもなっています。Hey!Say!JUMPニューシングルGive Me Loveでした」

 

有岡くんは天才です。ラジオブースの(おそらく)外にいるジェイストームさんとの交渉術コントが天才すぎている!さすが有岡くん。本人をおっしゃっていますが、有岡くんにも力がありすぎる。このやりとりに呆れつつも楽しんでいる高木くんもカワイイ。ギブミーラブで一回交渉が不成立になった際にずっとケラケラ笑ってる高木くんは赤ちゃんでした。からの鼻歌披露!本当に素晴らしいものでした。この鼻歌、色んなところに転がってると思うので聞いてほしいです。

元々おふたりの声が大好きなので、色んなことに挑戦している(もしくはさせられている)おふたりのベイジャン、聞けば聞くほど癖になり、好きになる。別件ですが、大晦日のニノさんへのお宝音源返しは最高の最高の最高!でした!ふたりの歌声はセクシーとキュート。正反対でありつつも、混ぜると溶けていくなんとも不思議な気持ちにさせてくれます。表裏一体ってやつなんでしょうか。ハァ…

ただ、ファンに電話はかけなくていいからね!

末筆ながら、有岡くん、高木くん、さらにベイジャンのますますのご活躍をお祈り申し上げます。

うるさくしてすみませんでした!こちらからは以上です!!!